入居時にかかる諸経費

入居時にかかる諸費用とは?

物件を購入した場合でも、多くの場合はテレビ視聴設備・カーテン・エアコン・カーテンレール等はもちろん、中には照明や網戸、雨戸すら付いていない物件もあります。

ただ、生活をする上で必ず必要といっても過言ではありません。
実際に内覧した際には、備品、設備の有無をしっかり確認するようにしましょう。

入居時に必要な設備や物品は、お客様のこだわりにより、大きく費用が異なります。
ご参考までに入居時にかかる諸費用の各項目の内訳を 以下にまとめました。

項 目 金 額 参 考 算 出 例
引越し費用 約17万円 3LDK、同一区内の引っ越し費用として
※距離、梱包などで変わります。
エアコン費用 約42万円 6帖用4万円×3台、20帖用18万円×1台、取付費1.5万円×4台として
カーテン・カーテンレール費用 約22万円 掃出し窓×4、腰窓×4の窓、カーテン、レース、カーテンレールの取付費として
照明費用 約7万円 シーリングライト×3、ペンダント照明×1、リビング照明×1として
テレビ視聴設備費用 約2万円 アンテナ本体と取付費として
(※ケーブルテレビを利用する場合は初期費用は掛かりません。)
網戸費用 約10万円 掃出し窓×4、腰窓×4として
家電・家具費用 約80万円 テレビ・洗濯機・冷蔵庫・加湿器・空気清浄機・家具など
合計 約180万円 ※金額はすべて目安であることをご了承下さい。

《 物件購入時のワンポイントアドアバス 》

新居を構えると、どうしても家具、家電も新調したくなるものです。
そして、家具、家電を揃えるのにもの相当の費用が掛かります。
ご自身のご予算が物件価格でギリギリの予算になってしまうと、せっかくの新居なのに部屋の中はずいぶん寂しいなぁ~。
なんて事にならないように、諸費用もしっかりと予算にいれて、ご一緒に計画的な新居探しをしていきましょう。

基本諸費用とその他諸費用は絶対に必要な資金です。
結果的に予算オーバーにならないように事前に確認をしましょう。
お家を購入したいと思ったら、実際に生活がスタートするまで、どのような流れになるのかを知っておくと、購入までの計画が立てやすく安心です。

電話をかける