長期耐久型ハイクオリティシーリング材

今回は、工事で使用する材料のご紹介をさせて頂きます。

シーリング工事(窯業サイディング、ALC、タイルなど)

の目地部サッシ廻りなどに使用するシーリング材です。

オート化学工業株式会社 「オートンイクシード」

シーリング材の劣化により生まれた小さな隙間。

それはたとえ小さなものでも、家全体にダメージを与えてしまいます。

劣化で出来た隙間から、雨水などが浸水して少しずつ建物を傷めてしまいます。

目地部シーリング材 撤去作業

シーリング材を充填する前にプライマーを塗布

※プライマーとは、シーリング材と被着体との接着強度を確保する役割です。

オートンイクシードは、特殊高耐久ポリマーを配合することによって、

長期耐候性を実現し、さらに紫外線などの外的要因にも優れており、

耐用年数約30年と長期に渡って家を守ります。

耐候性の強さを調べる実験で証明

「サンシャインウェザーメーター」という試験機にて

紫外線・雨・熱を与える外的要因を人工的に再現できる試験からのデータです。

◎一般的なシーリング材は、耐候性10年相当でクラック(ひび割れ)

◎オートンイクシードでは、耐候性30年相当でもクラックはほとんどなく、

長期的な性能維持が出来ることを証明しました。

 

シーリング材充填後にヘラ押さえをします。

シーリング材完了という流れになります。

リフォームのトータルコストを抑えられます。

従来と比べてリフォームのサイクルを大幅に延ばすことができ、生涯の

メンテナンスコストを抑えることができるのです。

ぜひ、シーリング工事をお考えの方はお気軽にご相談下さい。

本日は、シーリング材のご紹介でした。

#ライジアリプロ #オート化学工業株式会社 #オートンイクシード #コスト削減